メンズ脱毛で肌荒れ?

 皆さんこんにちは。
 広島メンズ脱毛・ひげ脱毛専門GENIEです。

mainimg_2-1Ba-8.png

 今回は、”メンズ脱毛と肌荒れ”についてご紹介していきます。

 ごく稀にですが、男性(メンズ)脱毛サロンでフラッシュ脱毛の施術を受けた翌日に、小さいニキビのようなものがブツブツといくつか出てくることがあります。
 これは、”毛嚢炎(もうのうえん)”と呼ばれる肌トラブルで、皮膚感染症の1つとなります。


1.毛嚢炎とは

 それでは、メンズ脱毛の施術後にできる毛嚢炎とはどういったものなのでしょうか?
 メンズ脱毛施術後の肌は、どんな脱毛方法であれ、多少はダメージを受けた状態となっています。
 ダメージを受けた状態の肌は、保護機能が低下してしまっているため、傷ついた毛穴からブドウ球菌という細菌が入り込み、感染して白いニキビのようなものが出来ることがあります。
 これが毛嚢炎です。


2.毛嚢炎が発症する原因
 
 毛嚢炎が発症する原因は色々ありますが、その大半が細菌の感染によるものです。
 黄色ブドウ球菌とコアグラーゼ陰性ブドウ球菌という細菌が感染し、毛嚢炎が発症します。
 そして、メンズ脱毛の施術後など肌が傷ついた状態の場合、より感染する可能性が高くなってしまいます。


3.毛嚢炎の治療法について

 もし毛嚢炎が発症してしまったらどうすれば良いのでしょうか?
 発症した毛嚢炎の数が少数であれば、特に何もする必要は無く、放置しておけば数日で治まることがほとんどです。
 しかし、放置していても毛嚢炎症状が長引く場合や発症を繰り返す場合には、ステロイド剤などの塗り薬を使用して治療する必要があります。
 放置していても毛嚢炎が治まらない場合、病院で医師に診察してもらいましょう。


4.メンズ脱毛は肌にとって危険?

 ここまで読んで頂くと、メンズ脱毛は肌にとって危険なことなのかと心配になる方もいると思います。
 実際に、メンズ脱毛が原因で毛嚢炎などの肌トラブルが起こる可能性があるのは事実です。
 そして、毛嚢炎などの肌トラブルになるリスクを出来るだけ減らしたいのであれば、フラッシュ脱毛と呼ばれる脱毛方法がオススメです。

 フラッシュ脱毛は、基本的に脱毛サロンで提供している脱毛方法であり、数ある脱毛方法の中でも肌へのダメージが少ない方法となります。
 クリニックが提供しているレーザー脱毛やニードル脱毛については、高い脱毛効果を得る代わりに肌へのダメージもかなり大きくなってしまいます。
 敏感肌の男性や肌が弱い男性については、初めはフラッシュ脱毛からスタートされるのが良いかもしれません。


 以上が、メンズ脱毛と肌荒れについてです。

 より詳しくメンズ脱毛と肌荒れについて知りたい方はコチラもどうぞ!




【関連ワード】
メンズ脱毛、ヒゲ脱毛(髭脱毛)、胸毛脱毛、腹毛脱毛、太もも脱毛、すね毛脱毛
陰部(VIO、竿、玉、陰嚢、おしり、男性器、肛門)脱毛、全身脱毛、ニードル脱毛、レーザー脱毛、光脱毛、フラッシュ脱毛、永久脱毛、毛嚢炎、肌荒れ

【店名】
広島メンズ脱毛・ひげ脱毛専門店GENIE(ジーン)
【電話番号】
0120-697-210
【営業時間】
10:00~21:00
【住所】
〒730-0051 広島県広島市中区大手町1-4-24 WiNEEDS大手町4階
※広島市近郊(呉市・東広島市)や山口からも多数ご来店頂いております